ホーム > 加工技術 > ダイヤモンド焼結体(PCD)加工

ダイヤモンド焼結体(PCD)加工 - 多結晶構造のダイヤモンドを多彩に加工

ダイヤモンド焼結体の特性

組成 C+バインダー
構造 焼結体
機械的特性 引張強さ 1.3GPa
曲げ強さ 1.1~2.6GPa
圧縮強さ 6.9~7.6GPa
ヤング率 776~920GPa
硬さ HV 6,000~12,000
※参考値
特長
  • 地球上で最も硬いダイヤモンドの粒子を焼結しており高硬度。
  • 耐摩耗性に優れいている。
  • 単結晶ダイヤモンドでは難しい大面積を使用できる。
  • 金属バインダにより導電性があり、放電加工が可能。
  • 高い熱伝導率。
  • 多結晶構造のため等方性で全方位で均一な特性を示します。
ダイヤモンド焼結体(PCD)素材

ダイヤモンド焼結体(PCD)素材

ワイヤ放電加工機でカットして使用

ワイヤ放電加工機でカットして使用

ダイヤモンド焼結体(PCD)は、ダイヤモンド粒子を金属系のバインダーで高温高圧化で焼き固めた多結晶材料です。超硬合金のベース上にダイヤモンド層が形成された円盤から、ワイヤ放電加工機で所定の大きさに切り出して加工します。単結晶ダイヤモンドは大きさが限られてしまうため、大面積が必要な場合などに有効です。また、PCDは導通があるため放電加工が可能で、形状の自由度が高く単結晶では難しい異形状加工も可能です。

ダイヤモンド焼結体加工データ

ダイヤモンド焼結体加工データ

ダイヤモンド焼結体 

PCD四角穴ダイス 半裁写真
  • PCD穴内面の研磨仕上げ

ダイヤモンド焼結体加工データ

PCD四角穴内面表面粗さRa0.0153

ダイヤモンド焼結体加工データ

PCDラップ加工
  • PCD平面研磨仕上げ

ダイヤモンド焼結体加工データ

PCD平面研磨 表面粗さRa0.0113

ダイヤモンド焼結体 使用用途例

加工技術

物性表

宝石のお話